インプラント手術で用いる「ガイド」とは?|岡崎ならい歯科・矯正歯科|岡崎市の歯医者

〒444-0874 愛知県岡崎市竜美南2丁目7番地1

トピックス TOPICS

インプラント手術で用いる「ガイド」とは?


こんにちは。岡崎市の歯医者、岡崎ならい歯科 矯正歯科の院長 三井 鴻基です。


当院では、インプラント治療の精度を高めるために、手術の際にガイドを用いてインプラント体(フィクスチャー)の埋め入れを行っています。


インプラントは難しい歯科治療です。インプラント治療を成功に導くには、患者様ごとに異なる歯や歯ぐき、顎の形状を見極め、顎の骨の正確な位置にインプラント体を埋め入れる必要があります。


今回は、インプラント手術で用いる「ガイド」についてのお話です。


■インプラント手術で用いるガイドとは?


◎顎の骨の適切な位置にインプラント体を埋め入れるためのガイド器具です

インプラント手術で用いるガイドとは、顎の骨の適切な位置にインプラント体を埋め入れるためのガイド器具です。インプラントガイド、サージカルガイド、サージカルテンプレートとも呼ばれます。


ガイドは半透明のマウスピースのような形をしている物が多いです。手術中にガイドを用い、インプラント体を埋め入れていきます。


ガイドを用いて行うインプラント手術により、それぞれの患者様に合った適切な位置・角度・深さにインプラント体を埋め入れることができ、インプラント治療の精度を高められます。


◎精密検査で得られたデータを基にガイドを作製します

インプラント治療では、CT撮影をはじめとする手術前の精密検査で得られた患者様の口腔内のデータを基にガイドを作製します。


患者様のデータを基に、埋入シミュレーションソフトによって緻密に設計・作製されるため、精確性を高めたガイドができあがります。


■ガイドを用いることのメリット


ガイドを用いて行うインプラント手術には、以下のようなメリットがあります。


①手術の安全性を高められる


ガイドを用いて行う手術により、顎の骨の適切な位置・角度・深さにインプラント体を埋め入れることができ、手術の安全性を高められます。


②インプラントの安定性を高められる


ガイドを用いることで、顎の骨の適切な位置・角度・深さにインプラント体を埋め入れることができ、連結部品であるアバットメント、および、人工歯を正しい位置に装着しやすくなります。


顎の骨の適切な位置への埋め入れ&インプラントパーツ・人工歯の正しい位置への装着により、全体の噛み合わせの適正化につながります。全体の噛み合わせを適正化することでアンバランス・過剰な力がインプラントにかかってしまう事態を防ぎやすくなり、インプラントの安定性を高められます。


③ガイドを用いて行う迅速・正確なインプラント体の埋め入れにより、手術後の腫れや痛みの軽減につながる


ガイドを用いることで、手術中に迷うことなく、迅速に、顎の骨の正確な位置へインプラント体を埋め入れやすくなります。


迅速・正確なインプラント体の埋め入れにより、露出した創口が空気にさらされる時間が短縮され、口腔組織にかかるダメージを抑えられるため、手術後の腫れや痛みの軽減につながります。


【インプラント治療の無料相談を受付中です】


愛知県岡崎市の歯医者、岡崎ならい歯科・矯正歯科ではインプラントに精通した歯科医師によるインプラント治療を行っています。


日本口腔インプラント学会、および、アメリカ口腔インプラント学会に所属する歯科医師が専門の麻酔医と共に、精度・安全性を高めたインプラント治療をご提供いたします。


顎の骨が足りない方のための骨造成にも対応しています。


失った歯の治療方法やインプラントのクリニック選びでお困りの方は、当院までお気軽にご相談ください。相談費は無料です。


カウンセリングでは患者様のお悩みをお伺いし、お口の状態を診察・検査した上でお1人お1人に適したインプラント治療をご提案させていただきます。


岡崎ならい歯科・矯正歯科
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら