矯正治療の種類とそれぞれのメリット・デメリット|岡崎ならい歯科・矯正歯科|岡崎市の歯医者

〒444-0874 愛知県岡崎市竜美南2丁目7番地1

トピックス TOPICS

矯正治療の種類とそれぞれのメリット・デメリット



矯正治療にはワイヤーで歯を締めるワイヤー矯正のほか、マウスピースを装着するマウスピース矯正(インビザライン)があります(※)。


どちらも装置をつけて歯を動かし、歯並びを整える点は同じです。しかし、両者には、固定式・取り外し式、目立ちやすさ、治療中に感じる痛みなど、さまざまな違いがあります。


(※)小児矯正の1期治療(6~12歳頃)では子どもの顎の成長を

うながす咬合誘導(こうごうゆうどう)を行う場合もあります。


今回は、矯正治療の種類とそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。矯正をご検討されている方はぜひ、ご参考になさってください。


■ワイヤー矯正


◎金属製のワイヤーで歯を締め、歯並びを整えます

ワイヤー矯正とは、歯の表面にブラケット装置を接着し、ブラケットの中に通した金属製のワイヤーで歯を締めて歯並びを整える矯正方法です。ブラケット矯正とも呼ばれます。


ワイヤー矯正は古くからある一般的な矯正方法であり、現在でも「矯正」と聞くとワイヤー矯正を連想する方が多いです。


◎ワイヤー矯正の種類

ワイヤー矯正は矯正装置を歯の表側・裏側、どちらにつけるかで方式に違いがあります。


・表側矯正


歯の表側に装置をつけます。もっとも一般的な方式です。


・裏側矯正


歯の裏側に装置をつけます。正面から見た場合は装置が見えにくく、目立ちにくい点が特徴です。舌がある歯の裏側に装置をつけるため、舌側矯正(ぜっそくきょうせい)、または、リンガル矯正とも呼ばれます。


・ハーフリンガル矯正


目立ちやすい上顎の歯に裏側矯正、唇で隠れて目立ちにくい下顎の歯に表側矯正を行います。特殊な方式であり、日本国内でハーフリンガル矯正に対応しているクリニックは少ないです。


■ワイヤー矯正のメリット・デメリット


ワイヤー矯正には以下のようなメリット・デメリットがあります。


〇メリット


・軽度~重度の歯並びの乱れに幅広く対応できる

・マウスピース矯正で治療をしたときと比べ、矯正期間を短縮できる場合がある


●デメリット


・目立ちやすい(表側矯正の場合)

・痛みを感じることがある

・装置で口の中を傷つけてしまうことがある

・むし歯・歯周病にかかりやすい

・1ヶ月に1回の通院が必要

・矯正中の食事に大きな制限がかかる

・金属アレルギーを起こす可能性がある

・矯正中、または、矯正終了時に歯のエナメル質に微細なひび(マイクロクラック)が入ることがある


■マウスピース矯正(インビザライン)


◎透明なマウスピースを装着し、歯並びを整えます

マウスピース矯正(インビザライン)とは、透明なマウスピースを装着して歯並びを整える矯正方法です。


マウスピース矯正『インビザライン』の登場により、「目立ちにくい」「痛みが少ない」矯正治療が可能になりました(※)。現在は20~30代の女性を中心にインビザラインで歯並びを治す方が増えています。


(※)矯正中の痛みの感じ方は個人差があります。


◎マウスピース矯正の種類

マウスピース矯正の世界シェア1位はインビザラインです。日本を含め、世界中の多くの歯科医院でインビザラインによるマウスピース矯正が行われています。


マウスピース矯正ブランドはほかにもクリアコレクトやキレイラインなどがあり、それぞれに費用、矯正方式(デジタル式・アナログ式)、治療性能(対応できる歯並びの乱れ)が異なります。


インビザラインは歯型取りから治療計画の立案・修正・変更、マウスピースの作製まで、すべての治療工程をアプリや機械が行います(フルデジタル式矯正)。インビザライン以外のマウスピース矯正ブランドはフルデジタル式は少なく、工程の一部にアナログ式が残る物が多いです。


■マウスピース矯正のメリット・デメリット


マウスピース矯正には以下のようなメリット・デメリットがあります。


〇メリット


・目立ちにくい

・矯正中の痛みが少ない(※1)

・口の中を傷つけにくい

・矯正中、いつもどおりの食事を楽しめる

・歯をしっかり磨くことができ、むし歯・歯周病にかかるリスクを減らせる

・通院は2ヶ月に1回程度

・金属アレルギーを起こす心配がない(※2)


(※1)矯正中の痛みの感じ方は個人差があります。

(※2)アンカースクリューなどの補助処置では

金属を用いる場合があります。


●デメリット


・重度の出っ歯や重度の受け口など、抜歯をして歯を大きく動かす必要がある重度の歯並びの乱れには適さない場合がある

・飲食の度にマウスピースを外し、洗って+歯みがきをして再装着する必要がある(水はマウスピースをつけたままでOK)

・マウスピースをつけ忘れる可能性がある

・マウスピースの厚みが原因で奥歯の沈み込み(圧下)が起きることがある


【お1人お1人の患者様に合った矯正方法をご提案いたします】


理想の歯並びを手に入れるため、そして、患者様ご自身がご納得して治療を受けるためには以下の3点を考慮して矯正方法を選ぶことが大切です。


①ご希望

(目立ちにくさ、矯正中の痛みの少なさなど)

②ライフスタイル

(営業職や受付、芸能関係など、人前に出る職業のため目立ちたくないなど)

③歯並びの乱れ方

(部分矯正で済むのか、または、抜歯をして全体の歯を大きく動かす必要があるのかなど)


「目立ちたくない」「痛いのイヤ」という方はマウスピース矯正のインビザラインがおすすめです。インビザラインは取り外し式のため、矯正中、いつもどおりの食事を取ることができ(※)、歯もしっかり磨けます。


(※)歯の動きのさまたげになる可能性があるため、

矯正中の食事では硬い物は控えていただきます。


「できるだけ効率的に歯並びを整えたい」「重度の歯並びの乱れで全体の歯を大きく動かす必要がある」場合はワイヤー矯正が適しています。歯を抜く本数が多い抜歯矯正(中程度~重度の歯並びの乱れ)もワイヤー矯正の適応対象です。


・出っ歯、受け口、ガタガタ歯など、歯並びに乱れがある

・自分に合った矯正方法を知りたい

・矯正のクリニック選びで困っている


など、歯並びの乱れや矯正の治療院選びでお困りの方は当院までお気軽にご相談ください。相談費は無料です。


カウンセリングでは歯科医師が患者様のお悩み・ご希望をしっかりとお伺いし、お1人お1人に合った矯正方法をご提案させていただきます。



岡崎ならい歯科・矯正歯科
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら