マタニティ診療について|岡崎ならい歯科・矯正歯科|岡崎市の歯医者

〒444-0874 愛知県岡崎市竜美南2丁目7番地1

トピックス TOPICS

マタニティ診療について

妊娠中のお口の
トラブルを解決します

妊娠中はつわりやホルモンバランスの変化がきっかけでお口のトラブルが起こりやすく、むし歯や歯周病を発症するかたも少なくありません。当院は妊娠中の患者さんが不安なく過ごせるように、体調に配慮した歯科健診を行っております。痛みや出血など、気になる症状があるかたはご相談ください。

CONSULTATION

こんな場合はご相談ください
  • 歯が痛い
  • 歯ぐきから血が出る
  • むし歯がある
  • 食べづわりである
  • つわりで歯がみがけない
  • 安心して出産に臨みたい
  • 口臭が気になる
  • 妊産婦歯科健診を受けたい

当院のマタニティ診療

バリアフリー設計で妊婦さんが
通いやすい

当院はバリアフリー設計を施しており、妊婦さんが通いやすい歯科医院を目指しております。院内には保育士が在籍する広いキッズスペースがあるため、お子さんを遊ばせながら歯科健診を受けたいかたにもおすすめです。安心してご出産するために、当院で歯科健診を受けましょう。

男女別のトイレには
おむつ交換台
あり

妊産婦歯科健診を受けましょう

当院は「妊産婦歯科健診」を実施し、妊産婦さんのお口の健康をサポートしております。妊産婦歯科健診は、公費負担でお受けいただくことが可能です。詳しくは当院までお気軽にご相談ください。

健診の詳細はこちら »

妊娠中におきやすいトラブルについて

むし歯・歯周病

妊娠中は吐きづわりや食べづわりなどの体調変化によって歯みがきが十分にできず、むし歯ができやすくなってしまいます。また、女性ホルモンの変化で唾液分泌量が低下し、歯周病リスクも高まるため、症状が落ち着いた頃に歯科健診を受け、適切に治療することが大切です。

妊娠性エプーリス

妊娠性エプーリスとは、妊娠初期から中期にかけて歯ぐきの腫れや痛み、出血が伴うコブやしこりができる状態をさします。妊娠による女性ホルモンの変化が原因で起こり、歯周病を誘発する可能性があるといわれています。心当たりがあるかたは、歯科健診で詳しく診てもらいましょう。

妊娠性歯肉炎

つわりやホルモンバランスの変化により、歯ぐきの腫れや痛み、出血などの症状が現れることもあります。こうした症状を放置すると歯周病リスクが高まりますので、なるべく早めに歯科健診を受けるようにしましょう。受診すべきか判断に迷う場合は、お問い合わせください。

妊娠中の受診について

妊娠初期

妊娠初期(妊娠4ヵ月頃まで)は、母体が安定しておらず、レントゲンや麻酔の使用には特に注意が必要です。またつわりによる体調不良が起こりやすいため、休息を優先し、体調が落ち着いた頃に歯科医院でお口のクリーニングを行いましょう。なお、歯の痛みや腫れなどの症状がある場合は妊娠初期でもご相談ください。

妊娠中期(安定期)

妊娠中期(妊娠5~7ヵ月頃)は安定期に入るため、ほとんどの歯科治療が実施できます。むし歯や歯周病治療も、この時期に行うのがおすすめです。ただし、長時間の治療はお身体に負担がかかるため、無理のない範囲で行いましょう。当院では安定期の間に治療が終わるように努めております。

妊娠後期

妊娠後期(妊娠8ヵ月以降)はお腹の赤ちゃんが大きくなり、長時間の仰向け姿勢が難しくなってきます。また、妊娠後期になると使用できない薬剤も出てくるため、痛みや腫れなどの急性症状には応急処置を行う程度にとどめます。本格的な治療は出産後に行いましょう。

よくあるご質問

Q

妊娠中に歯の治療を行っても大丈夫ですか?

妊娠中に歯科治療を行うことは可能です。当院では妊娠中のお身体に負担がかからない歯科治療をご提供しておりますので、安心してご受診いただければと思います。妊娠中のむし歯や歯周病を放置するとお腹の赤ちゃんへの影響が懸念されるため、安定期に入った段階で一度は歯科健診を受けましょう。

Q

レントゲンや使用する薬は赤ちゃんに影響はありませんか?

当院では、妊娠週数や体調を確認した上で、お身体に影響のない治療をご提供しております。レントゲンや薬剤を使用する場合は事前にご説明し、ご質問やご不安をお伺いした上で実施します。わからないことがあれば、お気軽にお声がけください。

Q

子どもへむし歯がうつるというのは本当ですか?

「食器の共有でむし歯菌がうつる」ということを1回は聞いたことがあると思います。しかし、「むし歯菌がうつる」ということに対する科学的根拠は少ないのが事実です。むし歯の原因はさまざまであり、親の唾液だけでなく、砂糖やみがき残し、歯垢などもむし歯を引き起こす原因となります。お子さんのむし歯を予防するためにも、日々のホームケアだけでなく、歯科医院での定期的な健診を行い、お口の健康を守っていきましょう。


岡崎ならい歯科・矯正歯科
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら