Ⅰ期治療とⅡ期治療について|岡崎ならい歯科・矯正歯科|岡崎市の歯医者

〒444-0874 愛知県岡崎市竜美南2丁目7番地1

トピックス TOPICS

Ⅰ期治療とⅡ期治療について

始めるのが早ければ早いほど
負担が少ないのが小児矯正です

「子どもの矯正っていつから始めるんだろう?」「うちの子は矯正が必要なのかな?」などのお悩みはございませんか?小児矯正は、年齢によって治療がⅠ期とⅡ期に分かれます。Ⅰ期治療では、主に子どもの顎の成長を利用し、歯がきれいに生えるためのスペースを作っておく矯正がメインとなります。歯を動かす必要のある矯正と比べて、お子さんの成長を利用した矯正となるので、痛みも少なく、お子さんやご家族への負担が少ないのが特徴です。 当院には矯正治療の経験が豊富な歯科医師が在籍しており、お子さんの年齢や永久歯の生え具合などを見ながら適切な治療プランと矯正装置をご提案いたします。お子さんの歯並びについて気になることがございましたら、お気軽に当院までご相談ください。

7歳~12歳頃

Ⅰ期治療

Ⅰ期治療は、乳歯から永久歯に生え変わる7〜12歳のお子さんを対象とした矯正治療です。この時期の治療は、顎の成長を利用しながら歯並びを整えるため、お子さんの負担が少なく、続けやすいです。Ⅰ期治療で十分な矯正効果が得られた場合はⅡ期治療には移行せず、メンテナンスのみで経過を見る場合もございます。

13歳~成人

Ⅱ期治療

Ⅱ期治療は、永久歯が生えそろう13歳〜成人のかたを対象とした矯正治療です。マウスピ ースやワイヤーなどを用いて歯を動かし、歯並びを整えます。年齢を重ねるほど骨が硬くなり、歯が動かしにくくなってしまうため、なるべく早い段階でⅡ期治療に臨むことをおすすめします。まずはお気軽にご相談ください。

小児矯正のメリット

歯を抜かない

永久歯に生え変わる段階で、歯が正常に生えるスペースを作るために顎の成長を促す治療です。成人矯正に比べて抜歯の確率が低く、負担が少ないです。

周りから気づかれにくい

矯正器具によっては、夜寝るときにつけて、日中は外すことも可能です。周囲に気づかれにくく、日常生活に支障をきたすこともほとんどありません。

後戻りしにくい

お子さんの成長に合わせて顎のスペースを育てたり、顎の骨に働きかけて噛み合わせを正したりするため、成人矯正と比べて後戻りしにくいです。

顎の成長期を活かす

歯の生え変わりと顎の成長を利用しながら歯並びを整えていくため、幅広い症例に対応できます。受け口や出っ歯、叢生などにも対応していますので、気になる症状はご相談ください。

痛みや違和感が少ない

装置によっては痛みをほとんど感じることなく矯正を進めることができます。最初の数日だけ装着による違和感がありますが、慣れれば毎日の習慣として定着することが多いです。

成人矯正より安い

歯を1本ずつ整えるのではなく、成長に合わせて歯が生えるスペ ースを作り、噛み合わせを整える治療なので、Ⅰ期治療で終われば費用面での負担を抑えられます。


岡崎ならい歯科・矯正歯科
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら