骨が足りない場合|岡崎ならい歯科・矯正歯科|岡崎市の歯医者

〒444-0874 愛知県岡崎市竜美南2丁目7番地1

トピックス TOPICS

骨が足りない場合

インプラント治療では、下顎の骨にインプラント体と呼ばれる人工歯の土台を埋め込む手術を行います。加齢や何らかの理由で下顎の骨の厚みが足りない場合は、さまざまな手法を用いて骨を補います。

GBR

骨が不足している部位にメンブレンと呼ばれる専用の膜を被せ、骨芽細胞を増殖させる手法です。下顎の高さや厚みを確保したい時に行います。

サイナスリフト

上顎の奥の骨の上にある上顎洞の粘膜を持ち上げ、できたスペースに骨補填材を移植する手法です。上顎の高さや厚みが足りない時に行います。

ソケットリフト

増やす骨量が少ない場合に行う骨再生法です。インプラントの埋入と同時に行えるという特徴があります。

CTG(結合組織移植術)

歯ぐきが足りない場合に、患者さんご自身の口蓋から結合組織を切り取り、歯ぐきの足りない部分に移植する処置です。

FGG(遊離歯肉移植術)

インプラント周りの角化歯肉を増やすために、患者さんご自身の口蓋から上皮組織を切り取り、移植する処置です。


岡崎ならい歯科・矯正歯科
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら